シックな部屋

高齢化に伴い必要とされるリフォーム

少子高齢化が進む日本において、ますます高齢者でも住みやすい環境が求められてきます。最近、健康寿命という言葉を耳にすることがあると思います。健康寿命とは病気などせずに、健康に日常生活が送れるまでの年齢を指し、男性が約71歳、女性が約74歳です。
脳梗塞などでマヒが残り、半身不随や車いすなどで在宅生活を余儀なくされた場合、玄関へのアプローチや、部屋と部屋の出入り口の段差、トイレや廊下、お風呂の手すりなどのリフォームが増えてきます。
また心臓疾患などを患った方は、その後の生活では血圧を気にしなければならないことが多く、寒暖の差を少なくするような住環境にリフォームすることが多いです。一番多く耳にする事例としては、浴室と脱衣場の寒暖の差や廊下とトイレの寒暖の差を少なくするリフォームです。暖房を設置することや窓などを断熱効果の高い物に変えること、トイレの便座を暖房便座に変えることなどが挙げられます。
社会保障費の削減が進んでいく中で、健康を害し介護を必要となったとしても、入所施設に入れる方は介護度の高い人で、その他の方は在宅生活を余儀なくされそうな世の中になっていきそうです。超高齢化の時代、自宅をリフォームし、安心して生活できる環境を整えることは必須事項となりそうです。

高齢化に伴い必要とされるリフォーム

少子高齢化が進む日本において、ますます高齢者でも住みやすい環境が求められてきます。最近、健康寿命という言葉を耳にすることがあると思います。健康寿命とは病気などせずに、健康に日常生活が送れるまでの年齢を指し、男性が約71歳、女性が約74歳です。脳梗塞などでマヒが残り、半身不随や車いすなどで在宅生活を余儀なくされた場合、玄関へのアプローチや、部屋と…

リフォームのお手本について

新築は建売であれ、注文住宅であれお手本となるべき対象物があります。住宅展示場、モデルハウスなど。内装に関しても住宅ショールームにいけば、様々なパターンをチェック可能です。しかし、リフォームとなれば、話は別です。もちろん、最近はリフォームに特化したショールームも出てきていますが、実際にはリフォームを発注するにあたり、具体的なサンプルにする…

高齢化に伴い必要とされるリフォーム

少子高齢化が進む日本において、ますます高齢者でも住みやすい環境が求められてきます。最近、健康寿命という言葉を耳にすることがあると思います。健康寿命とは病気…

リフォームのお手本について

新築は建売であれ、注文住宅であれお手本となるべき対象物があります。住宅展示場、モデルハウスなど。内装に関しても住宅ショールームにいけば、様々なパターンをチ…

木造集宅に対するリフォーム

木造住宅に対して施されるリフォームは、実例が多方面で増加しているのではないかと考えられています。細かくリフォームを行うことのできる点が魅力的であり、必要に…

POST LIST

2016年12月13日
収納場所の拡張についてを更新しました。
2016年12月13日
木造集宅に対するリフォームを更新しました。
2016年12月13日
リフォームのお手本についてを更新しました。
2016年12月13日
高齢化に伴い必要とされるリフォームを更新しました。
TOP